前へ
次へ

マンションを投資用にするメリット

不動産は、所有しているだけで維持費の支払いが必要になります。そのため使っていない不動産がある場合は、売却するか投資用にした方が、利益となるのです。売却した場合は、現金が手に入る上、以後は維持費がかからなくなります。投資用にした場合は、維持費はかかりますが、それを超える額の家賃収入を得ることができるようになります。特に使っていないマンションには、投資用マンションとして利用する大きなメリットがあります。人に貸すことで礼金や家賃をもらうことができるのはもちろん、劣化も防ぐことができます。マンションは湿気がたまりやすいので、放置しておくとカビなどにより著しく劣化することがあります。使ってもらえればその間は清掃がおこなわれるので、劣化の心配が少なくなるのです。

Page Top