前へ
次へ

投資用マンションと利回り

投資用マンションでは、利回りが重要視されています。利回りとは、投資の元本からどのくらいの利益が出るかをパーセンテージで表示したものです。したがって投資用マンションの場合は、それを購入した金額に対する利益の割合となります。たとえば5千万円のマンションを購入して賃貸物件として投資に利用して、年間500万円の家賃収入を得たとします。この場合、利回りは10%となります。毎年コンスタントに500万円の家賃収入を得ることができれば、単純計算で10年でマンション購入費を回収できることになります。以後の家賃収入は自分の利益となります。しかし年間の家賃収入が50万円の場合、回収までに100年もかかってしまいます。これでは生きているうちに投資用マンションで稼ぐことは困難です。そのため投資用マンションの購入においては、利回りの計算が非常に重要なのです。

Page Top