前へ
次へ

メニュー

税理士試験の受験資格について

資格試験を受験するために、条件が設けられているものがありますが、その中の一つに税理士試験があります。税理士試験の受験資格としては、学識・資格・職歴・認定のいずれかに該当しているということが求められます。学識としては、法律学もしくは経済学が主たる履修科目である学部や学科、学校を卒業した人があります。それ以外の学部や学校を卒業した場合でも、法律学や経済学に属する科目を1科目以上履修した場合でも受験資格を得ることが出来ます。受験をする際には、卒業証明書や成績証明書の提出が求められます。なお、成績証明書に関しては、卒業年次の記載がない場合には卒業証明書も合わせて必要となりますので注意が必要となります。

top用置換

top用置換2
Page Top